四柱推命とは

それは自然エネルギーを読み解く翻訳作業

中国発祥の占い

    四柱推命は陰陽五行説を元にした中国発祥の占いです。陰陽五行説とは「この世は木火土金水の5つのエネルギー(五行)とその裏表(陰陽)でできている」という思想で、これを礎に体系的に整えられ現在の形に至りました。長い年月をかけて膨大な統計データを分析した先人たちの叡智を、現代に住む我々が読み解くのです。
  四柱推命とは自然エネルギーを理解するための“翻訳作業”かもしれません。

四本の柱とは

 「四柱」推命と言うからには4本の柱が存在します。それは1人の人間が生まれた年、月、日、時間を柱と考え、年柱、月柱、日柱、時柱としそこに存在する干支を見て運星を鑑定を進めます。私が行う鳥海流では時柱は鑑定しません。しかし、3本の柱だけでも十二分に鑑定を進めることができます。

命式の情報量

  命式とは一人の人間が生まれた瞬間から持つ運星を表にしたものです。私が使用する命式はこちらです。
    この命式から様々なことを知ることができます。価値観や性格、物事の判断基準、人生のテーマ、エネルギーの強弱、10年、1年、1か月、1日ごとの運勢など情報の宝庫と言っても過言ではないでしょう。鑑定士にとって最もたる個人情報かもしれません。
 この命式が2人分あれば、相性鑑定も可能になります。恋人として、配偶者として、ビジネスパートナーとして様々な側面から相性を知ることができるのです。またどのような潜在的な問題を抱えているかも知ることができるでしょう。

四柱推命の魅力

  さて、四柱推命は百発百中のパーフェクトな占いではありません。同じ日の同時刻に生まれた二人(双子や赤の他人同士)でも全く異なる人生を歩むことは容易に想像ができます。一方は自分の夢を叶えて、もう一方は自分を抑制し息の詰まるような人生を送っている・・・ということだってあるはずです。なぜ同じ運星を持っているのに全く異なる人生を歩むのでしょうか。まさにこれが四柱推命の魅力なのです!
  同じ星を持っていても各々がその星をどう使って生きていくのかで全てが変わっていきます。命式が全く同じでも、100人居れば100通りの物語があるわけです。一人一人の物語や考え方を聞き、命式と照らし合わせそっと背中を押す。四柱推命だからできることがここにはあります。