BLOG

四柱推命を人生に生かすヒント

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 開運のススメ
  4. 物だけじゃない!断捨離すべき“コト”とは?

物だけじゃない!断捨離すべき“コト”とは?

生活の中にある不要なコトも断捨離しましょう。
些細な雑事も捨て去ると、フットワークが軽くなりますよ。

やるコトを断捨離する

  やるコトを断捨離すると、生活がシンプルになり心が穏やかになります。穏やかな心を持つことは、開運をするにあたって非常に重要なことだと容易に想像できますよね。では断捨離すべきコトとはどんなコトなのでしょう?

  みなさんの日常に「やらなきゃ!」とストレスに感じるコトってありませんか?家事や子育て、お仕事ならまだしも、趣味や交友関係の延長線上でそう感じているなら、それが断捨離するコトです。やらなくてもいいなら捨てちゃいましょう。呼吸しやすくなりますよ。

  私の身内にタロット、四柱推命、オラクルカードの練習、運動や瞑想、ロングブレスを毎日やろうとしている人がいます。常に一日のスケジュールを考えて行動し、頭の中がぐちゃぐちゃになっているようです。これでは良い運勢が巡ってきても、実際に波に乗ることは難しいでしょう。この人へのアドバイスはたった一つ。

やることを減らして、一つ一つに集中しましょう。

  極端な例ではありますが、皆さんの生活の中に焦るコト、あなたを追い詰めるようなコトがあれば即断捨離です!

やったコトを断捨離する

  「やったコト」とは即ち肩書や実績です。肩書や実績があるから仕事を頂ける・・・と言うのは否定できない事実です。ただしそれが障害となることもあり得るのです。過剰な肩書や実績は高いプライドとなり、良い運や縁は訪れなくなってしまいます。肩書や実績に重さはなく沢山身に着けたくなりますが、必要なコト或いは特に伝えたいコトだけは大切にとっておき、その他は捨てるべきなのです。

  ここで重要なのは謙虚さと言うべきでしょうか。謙虚な人には良縁が巡ります。周囲の人も応援したくなります。そしてフットワークが軽くなるものです。もしご自身の名刺やホームページに肩書や実績を列挙されているなら、一度断捨離してみてはいかがでしょうか。

私が断捨離したコト

  私が最近断捨離したコトは2つ。

  • 通訳の学校の通学
  • マジシャンとしての肩書と実績

  コロナ禍以前は中国語の通訳の学校に通っていました。毎週土曜日に銀座の学校まで通うのですが、それ以外の日は授業の予習復習に最低2時間は使っていました。2時間確保できない時はだいぶ焦っていたのを覚えています。しかしコロナが始まり、学校が休校になった途端生活がシンプルになり焦りが消え去ったのです。10月に授業は再開するのですが、通学を断念することにしました。その理由はただ一つ、生活をシンプルにし本当にやるべきことに集中したいから。

  マジシャンとしての肩書や実績は数多く持っています。そのすべてを名刺に書くほど誇示していた時期もありましたが、今では「マジック理念」を掲げるだけの実にシンプルなものになりました。するとどうでしょう、パフォーマンスの依頼が増え良縁に恵まれるようになったのです。そして心なしか身軽になったのを感じます。

・・・

 さてみなさんはどんなコトを断捨離しますか?多かれ少なかれ不要なコトはあるはずですよ。身軽になってフットワークを軽くしましょう。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事