運勢

【運勢】2021年のテーマを知る。辛丑の今年はこれを意識する!

運勢を意識すると人生の追い風が吹く
風を感じながら前に進みたい

四柱推命鑑定師 しょうへい

占い師の母を持ち幼少期から占いを学び自分の運勢を鑑定してきた。現在は埼玉県川越市を中心に鑑定師とをしながらスクールの運営を行っている。

プロフィールはこちら
四柱推命のスクールはこちら

スポンサーリンク

2021年のテーマを知ることとは

四柱推命では運気の上り下がりの他にその年のテーマを知ることが出来ます。

そのテーマを意識しながら生活することで運気の底上げができるほか、生活や仕事の判断基準にもなりますので大いに役立ちます。

例えば、私は2021年に「正財」が巡ってきます。

正財の1年間は継続的な努力を心がけ自分の足場を固めるべき年です。その努力は他者からなかなか評価されませんが、今後の飛躍に大きな影響を与えるでしょう。

人間関係は今繋がっている友人知人を大切にし、貯金を心がけ目先の利益を追いかけないことが重要・・・となります。

1年の始まりは春分

中国をはじめとした東洋発祥の鑑定手法では立春の日に1年が始まるとされています。

節分がいわゆる大晦日でその翌日の春分が元日です。2021年は2月5日が立春で1年間のテーマの分岐点となります。

とはいえ、キレイに切り替わるわけではありませんが。

この記事を書いているのは1月22日で2021年が3週間ほど過ぎましたが、四柱推命的には”年越し”はこれからということ。

まずは自分の干支を知ろう

四柱推命で言う干支とは生まれた年ではなく生まれた日のことを言います。下にある簡易鑑定を使って自分の干支は何かをチェックすることから始めてみましょう。

(一社)日本占道協会が提供する簡易鑑定より命式を作成してください。

簡易鑑定はこちらから

(写真)赤い丸で囲まれた漢字二文字があなたを象徴する干支です。また真下の数字もメモしておきましょう!

命式

今年のテーマ一覧

  ご自身の干支と2021年の干支(辛丑)との関係で5ジャンル10種類の通変星のうち1つが巡ります。そしてそれが今年1年間のテーマとなるわけです。専用ページを作りましたのでご覧ください。

甲(きのえ)、乙(きのと)の人は官星が巡ります
甲の人は正官を、乙の人は偏官をチェック!
こちらから

丙(ひのえ)、丁(ひのと)の人は財星が巡ります
丙の人は正財を、丁の人は偏財をチェック
こちらから

戊(つちのえ)、己(つちのと)の人は遊星が巡ります
戊の人は傷官を、己の人は食神をチェック
こちらから

庚(かのえ)、辛(かのと)の人は自立星が巡ります
庚の人は劫財を、辛の人は比肩をチェック
こちらから

壬(みずのえ)、癸(みずのと)の人は印星が巡ります
壬の人は印綬を、辛の人は偏印をチェック
こちらから

ご自身の運勢や向き不向きが気になる方に贈る『モニター鑑定会』はこちら

メルマガにご登録いただいた方全員に『モニター鑑定会』をプレゼントしております。運勢や向き不向きなどあなたの気になるテーマを鑑定したします!

全ては私の四柱推命を知っていただくために、そして四柱推命をもっと身近に感じていただくためにご用意いたしました。

 

広告