ノウハウ・運勢

丁(ひのと)の性格|『暗記しない四柱推命』で楽に四柱推命を習得する|占い

「暗記1割、想像9割」をコンセプトに四柱推命をもっと楽しく習得しませんか?

この記事では、「自分」を象徴する自然エネルギーの中でもお月様を表す丁(ひのと)について考えていきます。

18時間で丁寧にプロを育てる専門家
しょうへい

型にハマらない自由な四柱推命を通して、どんな相談にもお客様の主体性とモチベーションを引き出すような言葉を紡ぐ占い師。

四柱推命を教える講師としてとその分かりやすさに定評がある。占いのみならず、商品作りや集客などマーケティングのノウハウにも長けた講師。

丁の習得に暗記は不要!3つのキーワードから性格を探る

四柱推命の中に登場する丁(ひのと)は「月」を象徴します。

即ち、あなたを象徴する自然エネルギー(日柱の天干)が丁ならば、あなたは「お月様の人」となります。

そんな丁の性格を3つのキーワードから探っていきます。

さて、私の四柱推命では暗記はまず不要です。

丁に関して言えば、その読み方(ひのと)と象徴する自然エネルギー(月)こそ覚える必要はありますが、その性格など表面的な情報を丸暗記する必要が無いと考えております。

ではどうやって性格を探るかと言うと、丁が象徴する月からキーワードをピックアップしヒトの性格に落とし込んでいきます。

丁の3つのキーワード:太陽の鏡、夜の主役、様々な形

月を想像してください。

時間帯や形によってその印象を変えるのが月です。まずは、最近見た月や映画に出てくるようなキレイな月を1つ思い浮かべてみましょう。

その月を観察しながら3つの特徴を探していただきたいと思います。

例えば・・・

太陽の鏡
夜の主役
様々な形

と言った特徴です。

この時点で私と違う特徴を抱いていただいても問題ありません。一例として上記3つの特徴をキーワードとして掘り下げていきますが、同じ要領で私と違う特徴をキーワードとして掘り下げてください。

キーワードを掘り下げる為の要領ですが・・・

丁のキーワードを人の性格と重ねる

と言うものです。

それでは早速、私が先にピックアップした3つのキーワードを掘り下げてみましょう!

丁の性格①:気配り上手

月が光っているのは太陽の光を浴びて反射している、即ち鏡の役割を果たしているからです。その様子から感受性の高さが伺えますよね。

そして、その光は闇夜を照らしますから、人の気が付かない事にも気が付きやすい洞察力の持ち主です。

人によっては霊感に近いモノも持っているとか!

私はこの特徴を、他者の気持ちを察しやすいと解釈し「気配り上手」と言っています。人の感情や表情を感じ取る感度が高いタイプの人です。

ただ人の気持ちの影響を受けやすく、この特徴は気疲れしやさにも直結しますので上手にコントロールできるようにしたいですね。

丁の性格②:サポート役で本領発揮

月は夜の主役ですから、表舞台よりも裏方に向くことが分かります。言葉通りに考えるのなら、舞台に立つ役者よりも照明や音響と言った裏方の方が本質に合っています。

どの様な環境であれ、人を支えるその姿から「丁は縁の下の力持ち」と言えるでしょう。

では丁は役者や社長業など表舞台には向かないのか?というとそういう訳でもありません。

舞台の主役であっても他の演者を引き立てるような存在であったり、人を支えるビジネスで社長業をしたりと様々な環境で丁の特性を活かしていけばよいのです!

丁の性格③:メリハリを持って物事に取り組む

月には色々なな顔が有りますよね。満月、半月、三日月、新月などなど・・・丁も同様に、仕事用の顔プライベート用の顔を使い分ける存在と言えるでしょう。

そんな特徴から「丁はメリハリがある人」と言えますよね。少し言い方を変えてオンオフがあるとか、引きずらない性格というのもアリです。

裏を返せば仕事の鬱憤は家に持ち込まない、過去のトラウマを引きずらないことが丁らしさと言えるでしょう!

丁の性格の表と裏

繰り返しとなりますが、私と異なるキーワードを選んでも問題ありません。

ご自身でピックアップしたキーワードと人の性格を重ねて自由に想像してください。

さて、私のキーワードを基にすると「丁は気配り上手で縁の下の力持ち!さらにメリハリを持って物事に取り組む」人だということが分かりました。

もしあなたが会社員ならこんな先輩の下で働きたくなりませんか?

しかし、丁の鑑定はそう簡単なことではありません

全ての性格には “裏” があります。即ち、キーワードを良い表現良くない表現の2パターン考えていただきたいと思います。

「気配り上手」ならば「人の顔色を伺う」、「縁の下の力持ち」ならば「華が無い」、「メリハリ」ならば「裏表がある」と考えていきます。

この様に丁が象徴する「月」からイメージを膨らませ、人の性格と重ねていくことであなたの言葉で丁を習得することを目指してください。

丁の性格を鑑定する

ここまでで、丁の大まかな性格についてご理解いただけたかと思います。

続いては、こんな性格の丁がどんな恋愛をするのか?どんな職場に合うのか?どんな子育てをするのか?を想像してみましょう!

いずれの場合も私の想像であり、私と異なる丁の姿を想像されても全く問題ございません。なんたって、占いに「正解」は存在しないのですから!

*子育ての場合は親が丁の場合と子が丁の場合の両面から考えてくださいね。

丁の恋愛:素の自分を出せる相手を選んで

丁(月)は関係性によってその印象が大きく変わる存在です。即ち、恋仲に発展する前と後で丁の印象が異なるという訳です。

職場ではテキパキ働く丁が自宅ではグータラしてる・・・なんてことも十分あり得ます。

もし丁自身に心当たりがあるのなら自分の素を出せる相手を恋人に選ぶべきですし、丁と恋愛をするならそんなギャップを楽しむつもりで恋をスタートさせる必要がありそうです。

また気配り上手な丁ですから相手に尽くす一面もあるでしょう。この点、尽くしすぎて気が付いたら家事は全部丁が担当してる・・・なんてこともあるかもしれません。

恋人に対しても厳しい顔と優しい顔を使い分けて良好な関係を築いていけると良いですね。

丁の仕事:サポート役で本領発揮

丁(月)は適職は人を支える仕事であったりサポート役を果たせる立場です。社長秘書なんかが分かりやすいかもしれません。

高い感受性洞察力を活かして人の為に働く(裏方)ことが丁らしさと想像します。このような働き方の場合、相当神経を使うでしょうからお休みの日はトコトン羽を伸ばしてほしいものです。

また丁は周囲の人の感情や機嫌に敏感です。

故にどんな職場でもみんなに気に入られる様な立ち振る舞いが可能なのですが、そんな丁の姿は八方美人として周囲の目に映ることでしょう。

仕事に限ったことではありませんが、八方美人は最終的に自分の首を絞めることになります。特に丁は八方美人の自分を変えることが出来ない傾向が強いです。

適度に人の心を読み取り、時に自分のホンネを相手に伝える。そんな人間関係を求めて気持ちよく働ける職場を作っていきましょう。

丁の子育て:子どもの目に映る自分を想像して

子育てを考える際には、親と子の両方の側面から考えなければなりません。つまり丁が子育てをする場合と丁の子を育てる場合の2つの側面です。

まずは親が丁の場合を考えてみましょう。

丁は気が付きやすい性質を持ちます。その為まだ言葉を話さない赤ちゃんの “欲求” に気が付き満たしてあげることが出来るかもしれません。

また子どもが思春期に入ればそっと傍で見守り必要な時に手を差し伸べる、正にお月様の様な有難い存在を想像できます。

と同時に、家の中と外で “顔” が変わる状況も想像してしまいます。親の顔色を伺いやすい子どもにとって、丁のメリハリは些かストレスになるかもしれませんね。

丁はそんな自身の特徴を理解し、子どもにどうみられているかを少し考えてみることをおススメいたします。

教育方針などはご家庭によって大きく差が出ますから、私の良し悪しを押し付けるつもりは有りません。ただ親としてご自身の特徴はしっかり自覚されるべきと私は考えています。

さて、丁の子どもを育てる場合ですが・・・こちらについてはぜひ、ご自身でお考えいただきたいと思います。

お一人で考えられるだけのヒントはこれまでに沢山提供しています。ぜひご自身の言葉で丁の子を育てる事について考えてみてください。

6種類の丁の違いを探る

これまで「丁=月」の構図で話を進めてきましたが、実は一言で丁と言っても四柱推命には6種類の丁が存在することをご存じでしょうか?

またそれぞれ月の季節感が異なります。

丁丑 → 晩冬の月
丁卯 → の月
丁巳 → 初夏の月
丁未 → 晩夏の月
丁酉 → の月
丁亥 → 初冬の月

原則、私の鑑定では「あなたは初夏の月だから・・・」と厳密に掘り下げることはしません。ただ、想像力を養うトレーニングとして6種類全ての月の特徴を考えるのは良いかもしれません。

例えば、初夏の月(丁巳)は初夏の暑さを癒すような心地よさから、丁巳は丁の中でもとりわけ優しい存在と想像することができます。

《まとめ》丁の性格をもっと楽に習得する

さて丁を鑑定する上で暗記すべきは「ひのと」という読み方と丁が象徴する「月」の2点だけです。

その他は、「月」の特徴からイメージを膨らませるだけでいいのです。

またイメージを膨らませて獲得した丁の性格も1つ1つ暗記する必要はありません。考え方さえ習得出来れば、必要な時に一瞬で月の性格を列挙することが出来るはずです。

暗記1割、想像9割の教授法であなたも四柱推命の習得を目指しませんか?

『暗記しない四柱推命』で楽しく習得する!

ゼロから四柱推命のスキルを身に付け、Web集客で50万円を稼ぎ続けるようになった!

『実践動画レポート』無料プレゼント!

プロを目指す方も、趣味で楽しむ方にもおススメのプレゼントを多数ご用意しております。