占いマインド

《占いの心得》占いに頼らない人生を目指す!“卒業” を目的にした四柱推命鑑定師しょうへいとは?

頼るべきは「占い」ではなく、「占い師」
だから占い師の人格や価値観を知る必要がある。

あなたの本質を紐解く専門家
しょうへい

型にハマらない自由な四柱推命を通して、どんな相談にもお客様の主体性とモチベーションを引き出すような言葉を紡ぐ占い師。

多くのクライアントから「自分の目指す方向が見えてきました」、「自分の本質を見つめ直すことができた」、「絡まった心の糸がほぐれた」など前向きなコメントが多く届いている。

そもそも、人は占いが無くても生きていける

私は四柱推命をはじめとした様々な占いを使い、私を頼ってくださるお客様からお金を頂戴している立場の人間です。

そんな私が占いを信じているかと言うと、実は信じていません

いや、正確には

私にとって占いは、「参考にする」ものであって盲目的に信じるものではないと考えています。

要は自分で考え自分で判断し、それに基づいて自ら行動することに常に重きを置いて生きているわけです。

人は占いが無くたって生きていける!

という、考えが私の中に根付いています。

占い師を生業にする私が、そんなことをハッキリ言ってしまって良いのでしょうか?

占い師だからこそ、模範的な占いとの付き合い方や距離感をお客様に提示しなければならないはずです。

占いが無くても生きていける、あなた “本来の姿” を目指す

人はみな自分で考え、自分で判断し、自分で行動することができます。

もちろん、他者と一緒に取り組むこともありますが「考える」、「判断する」、「行動する」は全ての人が平等に備わった能力ですよね。

よく、「占いで人生を決めたくない!」という占いアンチ(?)もいますが、ごもっともだと思います。

それは人生として面白くないですし、占いに依存することは人として “本来の姿” ではありません。

これから占い師に頼ろうと考えている方には、どんなに困っていても占い師の言葉を鵜呑みにせず最終的な判断は自分で下さなければなりません。

時には “心が風邪” をひく時もある

人間生きていれば、一人では解決できない問題に直面したり、気持ちが落ち込むことはありますよね。

そんな時に、「自分で考え、自分で判断し・・・」って難しいと感じる時だってあるはずです。周囲になんと言われようと、“風邪をひいた心” に無理はできません

まずはそんな自分を受け入れ、頼れる人を探して相談することはなんら普通の事ではないでしょうか?そんな「頼れる人」にたまたま占い師を選んだって良いはずです。

占い師に頼る際に忘れてはならないのが

占いからの “卒業”

です。即ち占いに頼るのは一時的で、最終的には自分で考えられる “本来の姿” を目指してください。

と言うことです。

占いからの “卒業” が意味すること

占い師のお仕事は “当てる” ことではなく、お客様が抱える問題に手を差し伸べ解決に導くことだと考えています。

占いからの “卒業” が出来ずにいつまでも頼ってくるお客様が居るということは、それは占い師として焦るべきことではありませんか?

それって正に

病気を治せない医者
腰痛を治せない整体師

と同じことです。そんな病院や治療院にいつまでも通い続けますか??

リピーターが居ないと稼げない占い師のジレンマ

“卒業” を目的とした占い・・・の話をすると、同業者から笑われことがあります。

「“卒業” しちゃったらお金稼げないじゃん(笑)!?」との事。仰る通りです。

つい先日も、「リピーターを作れないから命術(生年月日で占う占術)はやらない」とわざわざお伝えしてくれた、タロットとパワーストーンに重きを置く先生にお会いしました。

タロットをはじめとした卜術は、毎回異なる結果をお客様に提示することができるので占い師としても鑑定しやすく、またリピーターを作りやすいメリットがあります。

占い師を生業にする以上リピーターは増やしていかなければいけませんが、そのために “卒業” を目的としないのは不誠実じゃないかと私は考えます。

そもそも “卒業” してもらうだけの力量が占い師に無ければそれまでですが・・・

占い師も、医者も、整体師もその他全ての分野においても、質の良いサービスを提供しお客様1人ひとりの問題を解決したならば口コミでお客様の輪が広がっていきますよね!

また数年後にリピーターとして帰ってきてくれるお客様だっているはずです。

鑑定師 しょうへい

目先の売上を求めて “卒業” を回避しリピーターを作ることを意識するよりも、占い師として本来の役目を果たし誠実にお金を稼いだ方、運気も上昇していきそうですしね!

しょうへいが提供する四柱推命的 “処方箋”

さて、ここまでで私の占いと占い師の仕事に対する価値観は概ねお伝え出来たと思います。

最後に私が占いからの “卒業” に向けてご提供している “処方箋(アドバイス)” についてお話いたします。

主に2つの “処方箋” をご提供しています。

しょうへいが提供する “処方箋”

  1. 人生のテーマで運気の安定を目指す
  2. これから巡る運気の波

【処方箋1】人生のテーマで運気の安定を目指す

私の四柱推命には、「自分」を強くするために意識すべき人生のテーマと言うものがあります。

この人生のテーマを常に意識して過ごす、迷った時の判断基準にすることで運気の安定(開運)を目指します。

この人生のテーマがあれば

占い師要らず!

となるはずです!

もちろん、こればかりで万事解決するわけでないでしょう。

要は、そもそも問題が起こりづらい強い「自分」さえ手に入れれば、“心の風邪” もひきづらくなると考えます。

【処方箋2】これから巡る運気の波をお伝えします

相談内容に関わらず、12年周期で巡る運気の波をお伝えしています。

「今」だけでなく「これから」の運気を意識した過ごし方を心がけていただくことで、心だけでなく環境の準備も進めることができますよね!

また実際に問題や変化が起こったとしても、「まぁ、運気が冬だから仕方が無いか」と出来事を受容することでしょう。

鑑定師 しょうへい

この様に、私は占い師として出来得る事をお客様に提供しています。もちろんこればかりではありませんし、これで万事解決する問題ばかりでもないでしょう。

それでもお客様ご自身が「本来の姿」を取り戻し、占いからの “卒業” が実現できるように努めております。

しょうへいの処方箋

1)人生のテーマ
 →生活の中で意識する、迷った時の判断基準にして強い「自分」を作ります!

2)「これから」の運気の波
 →運気の変化や合わせて起こる出来事を受け入れる為に、心や環境の準備を進めます!

占いからの “卒業” を目指す!

《まとめ》“卒業” を目指す四柱推命鑑定師

いかがでしたか?

こんなお話をすると「占い師っぽく無いですね!」とよく驚かれますが、みなさん納得してより深い占いの話を聞いてくださいます。

これから占い師に相談される方、占いを学ぶための学校や先生をお探しの方は、ぜひ私の様な占いとの付き合い方もあることを知って頂きたいと思います。

なぜ占いからの “卒業” なのか?
  • 人はそもそも占いが無くても生きていける
  • 自分で考え、判断することが本来の姿
  • “卒業” させられない占い師は、病気を治せない医者と同じ
  • 安定した収入(リピーター)よりも私はお客様の為に占いを使いたい
  • 人生のテーマ、これからの運気を知れば占い師に頼らなくても大丈夫

しょうへいと四柱推命を学ぶなら!

ゼロから四柱推命のスキルを身に付け、自分や身近な人を癒しながら月50万円の収入を得られるようになった!

『実践動画レポート』を無料プレゼント!

プロを目指す方も、趣味で楽しむ方にもおススメのプレゼントを多数ご用意しております。