独り言

<流派選びのヒント>時柱の弱点を知る

私が扱う鳥海流四柱推命は時柱を鑑定しない流派です。

しかしそれでも鑑定は十分できますし、時柱は他の柱と比べて非常に不安定なのです。

そんな時柱の弱点をお話しします。

四柱推命鑑定師 しょうへい

四柱推命+@を使って運勢鑑定を行っています。起業や結婚に対する悩みを中心に鑑定相談を行っている。

プロフィールはこちら
四柱推命スクールはこちら

時柱とは何か

時柱(じちゅう)とは生まれた時間の干支を表す柱になります。四柱推命の「四」とは生まれた年、月、日、時間の4つを表しています。

一般的には時柱を鑑定することで「人生の終末(老後)」、「自分の子どもとの相性」などを判断します。

また鑑定する干支も増えますのでエネルギー量もより正確に鑑定できると言われています。

鑑定師 しょうへい

女性が時柱に「偏印」を、男性が「傷官」を持つと子どもとの縁が薄くならしいです。

鳥海流の時柱

私が取り扱う鳥海流四柱推命は時柱を鑑定しない“三”柱推命です。

時柱を鑑定しないことで批判も受けますが、年柱、月柱、日柱の3つだけでも運勢や向き不向きを満足に鑑定することができます。

実際、私の運勢を時柱を扱う流派で鑑定していただいたことがありますが、鑑定結果やその内容は鳥海流のそれと大差ありませんでした。

また先述した子どもとの相性鑑定では、子どもを1人の人間と扱って鑑定しますので時柱は使いません。

要は時柱が無くても成立しています。

時柱の弱点(個人の見解)

さて、それでも時柱を鑑定する“正当”な四柱推命を求める方に考えていただきたいことがあります。

それは時柱は非常に不安定だということです。

時柱に現れる干支は流派によって大きく異なります。時間の区切り方、蔵干の出し方、生まれた場所(都道府県など)を加味するかなど様々な理由でその違いが生まれてしまいます。

例えば、私は1989年1月6日22時56分生まれなのです。

  • 鳥海流では時柱に「傷官、偏印」が現れます。
  • 他流派Aでは時柱に「偏財、偏官」が現れます。
  • 他流派Bでは時柱に「傷官、正官」が現れます。

兄弟星で異なるのならまだしも、遊星(漏星)と財星、印星と官星で異なってしまうと鑑定結果が大きく変化してしまいます。

どこかに絶対正しい時柱を出す流派が存在すれば良いのですが、占いの性質上ゼッタイなんてありえません。

流派選びをする時に、また今後時柱を使用する時に時柱を過信せず弱点をしっかり理解した上で鑑定すべきだと考えます。

鑑定師 しょうへい

決して時柱を否定しているわけではありません。たまたま時柱を扱わない鳥海流がスタート地点だったために、時柱を考えることが度々あるだけです。

私と一緒に四柱推命の世界を楽しみませんか?

四柱推命を使って誰かの背中を押したいあなたにお届けする講座です。全6回(7テーマ)を通して四柱推命の基礎と応用を学びます。一生使えて一生を変える能力をあなたに!

教えてお終いじゃない。自分の言葉でアドバイスできるようになるまでフォローさせていただきます。

広告