運勢

<新しい1年のテーマを知る>自分を律する力が強い正官の場合

自分とその年のエネルギーが重なる。

「自分」を発揮する最高の星の巡りを活かすために

四柱推命鑑定師 しょうへい

占い師の母を持ち幼少期から占いを学び自分の運勢を鑑定してきた。現在は埼玉県川越市を中心に鑑定師とをしながらスクールの運営を行っている。

プロフィールはこちら
四柱推命のスクールはこちら

スポンサーリンク

新しい1年を知る

正官のテーマ

正官のテーマは「社会貢献」です。私利私欲を満たす為でなく社会や身近な人の為に行動する1年にしましょう。

もちろん地域のボランティア活動に率先して参加するのも良いのですが、まずは自分の身近な社会に目を向け貢献することから始めてみませんか?

最も身近な社会は家族です。家族との会話を少しでも多くとること、家族と向き合うことなどもあなたにできる「社会貢献」です。

そして友達、先輩後輩、会社の同僚などより広いあなたの社会に向けて「貢献」することが新しい1年のテーマです。

いくら社会貢献とはいえむやみに募金するのはお勧めしません。

正官の年の恋愛・結婚

正官は女性の結婚運を象徴します。謙虚さを忘れなければ良縁に恵まれスピード婚もありうる運気です。

また男性にとっても結婚の追い風が吹きますのでパートナーがいる方は婚約する、または結婚の具体的な話をするタイミングになります。

既に結婚し家族がいる人には家族との時間を普段以上に大切にしてください。あなたの最も身近な「社会」を大切にすることで、仕事運など様々な運気に良い影響を及ぼすことでしょう。

正官の年の仕事・学業

正官のテーマの通り「社会貢献」を意識して働く、学業に専念する1年にしましょう。

今のお仕事が社会にどう貢献しているのか、誰を笑顔にしているのかを明確にし意識しながら働くのです。

大企業の社員(特にB to B)になると自身の仕事の社会的価値が不明瞭になりがちですが、商流のずっと先であなたの商品やサービスを利用している消費者をしっかり意識ましょう。

学業も同様に今の勉強を将来どう社会に還元できるのか少し考えてみても良いでしょう。

四柱推命で「官」とは仕事の星です。身を引き締めて取り組むことで適正な評価を得られるはずです。

正官の活かし方

「社会貢献」とはなにも自己犠牲の精神に成り立っているわけではありません。

あなたの身近な他者を思いやる気持ちがあれば既に立派な「社会貢献」です。

些細な事でも「ありがとう」と感謝の気持ちを伝える、電車の中で席を譲るなど日常に溢れている思い遣りを意識するだけで正官のテーマをしっかり活かしていけます。

但し決して見返りを求めないことをお忘れなく。

正官の注意

正官は非常に我慢強い星です。ホンネを飲み込んだり、無理して人に合わせたりなど無意識に自分を“殺して”しまいます。

世の為人の為の「社会貢献」ではありますが自分を大切にしないことには運気も上がりません。

どうしても我慢してしまうようならたまに愚痴ったり、カラオケやスポーツなどで自分を解放するのも大切です。

鑑定師 しょうへい

「情けは人の為ならず」とは正官が巡る1年に相応しい座右の銘かもしれませんね。情けだけでなく感謝も忘れずに!

まとめ

  1. テーマは「社会貢献」
  2. 結婚に向かうチャンス!家族や恋人との時間を大切にしよう。
  3. 仕事や学業では社会への価値提供を意識!
  4. 感謝の気持ちと思い遣りでテーマを活かそう。
  5. 我慢しすぎる時には「自分」を開放することも大事。
ご自身の運勢や向き不向きが気になる方に贈る『モニター鑑定会』はこちら

メルマガにご登録いただいた方全員に『モニター鑑定会』をプレゼントしております。運勢や向き不向きなどあなたの気になるテーマを鑑定したします!

全ては私の四柱推命を知っていただくために、そして四柱推命をもっと身近に感じていただくためにご用意いたしました。

 

広告