恋愛・結婚

<偏印>ダメ男が集まる星ってホント?偏印の個性の強さから考察する。

四柱推命には「偏印(へんいん)」という個性的な星が存在します。ダイバーシティが重視される今の世の中は正に偏印の時代と言えるでしょう。

ただ恋愛となると偏印も困りごとが多くなるようで・・・今日はそんな偏印をご紹介します。

四柱推命鑑定師 しょうへい

占い師の母を持ち幼少期から占いを学び自分の運勢を鑑定してきた。現在は埼玉県川越市を中心に鑑定師とをしながらスクールの運営を行っている。

プロフィールはこちら
四柱推命のスクールはこちら

スポンサーリンク

「偏印」持ちはダメ男ホイホイ??

最近の鑑定で四柱推命を心得ているお客様(女性)から「偏印はダメ男ホイホイなんですよね!?」と言われたことをきっかけに、偏印の恋愛について観察を始めました。

このお客様をはじめ、恋愛のご相談で過去の相手を「ダメ男 / ダメ女」、「変な人」と形容する方の多くに偏印があることに気が付きます(多くの場合は主星)。

偏印自身が「ダメ男 / ダメ女ホイホイ」かの真偽はさておき、偏印の恋愛の傾向について探ってみたいと思います。

鑑定師 しょうへい

このブログは「偏印=ダメ男ホイホイ」と決めつけるわけではありません。偏印の特徴を知りご自身の生活に役立てていただくことを目的にしております。

偏印の特徴と生き方

偏印は印綬(いんじゅ)と並び印星に属する星です。印星は非常に頭の良い星なので、偏印は0(ゼロ)から物を生み出す頭の良さを持つのです。

その為、発明や開発など新しいモノを創造するお仕事に向くわけです。また自分の世界さえもゼロから作り上げてしまうことから個性的な人が多く、私は不思議ちゃんの星と形容しております。

偏印は直感も鋭く占いをはじめとしたスピリチュアルな世界と縁も深かしです。数多くある星の中で唯一「占い師の星」と称されるのがこの偏印です。

ただ個性的な星だからこそ団体行動は不得手で、典型的な日系企業では苦しい思いをすることは容易に想像ができます。その分自分の個性を生かせるアーティスティックな分野で成功しやすいタイプと言えます。

鑑定師 しょうへい

タレントで言うとマツコ・デラックスが偏印(主星)を持ちその独特な世界観を知ることができるでしょう。

偏印の恋愛

四柱推命における恋愛運、結婚運は官星(女性)と財星(男性)と言われているだけで、偏印が恋愛運ゼロや恋愛運マイナスという解釈は存在しないと私は考えます。

では偏印が「ダメ男ホイホイ」と言われてしまう(偏印自身がそう言う)所以は何でしょうか?

繰り返しになりますが偏印は個性の強い星であり “典型的” な恋愛や結婚には向かないのです。

偏印らしく生きようとするなら同じく個性の強い相手を選ぶことになりますし、“普通” の恋愛や結婚をするならば偏印の個性を押し殺す必要もあるでしょう。

生まれ持った偏印の魅力を発揮できる恋愛をするのか、その偏印をひた隠しにして “普通” を求めるかはご本人次第ではありますが四柱推命鑑定師としてはぜひ前者の人生を歩んでいただきたいと思います。

鑑定師 しょうへい

偏印は自身の個性の強さを自覚しまた大切にして自分と共鳴する相手と出会えれば幸せな恋愛 / 結婚もできるのではないのでしょうか?

まとめ

偏印持ちのお客様が「偏印はダメ男ホイホイ」と自称したことをきっかけに偏印の恋愛を考察してみました。

偏印の恋愛について
  • 偏印は創造力に富んだ今の時代に相応しい星
  • 自分の世界もゼロから作ってしまう個性的な人
  • そんな強い個性から “普通” の恋愛は合わない
  • だから選ぶ相手も個性が強くクセのある人が多いのかも!?
  • 自分の大切な個性を押し殺すことなく共鳴する相手を探してほしい
ご自身の運勢や向き不向きが気になる方に贈る『モニター鑑定会』はこちら

メルマガにご登録いただいた方全員に『モニター鑑定会』をプレゼントしております。運勢や向き不向きなどあなたの気になるテーマを鑑定したします!

全ては私の四柱推命を知っていただくために、そして四柱推命をもっと身近に感じていただくためにご用意いたしました。

 

広告