仕事

<空亡論>午未空亡の「穴」、子ども・目下の存在との関係を考える

空亡とは誰しもが生まれ持った「穴」のこと

空亡を使ってご縁に空く「穴」を探る

四柱推命鑑定師 しょうへい

四柱推命+@を使って運勢鑑定を行っています。起業や結婚に対する悩みを中心に鑑定相談を行っている。

プロフィールはこちら
四柱推命スクールはこちら

空亡とは

空亡は様々な占いで採用されている考え方ですが、その重要度についてはその手法や流派、個人の鑑定師によって大きく異なります。

私の四柱推命では空亡を基に運気の波、他者とのご縁、方位を探るために使用します。

この記事では空亡を基に他者とのご縁に空く「穴」を探り、同時に困った時に誰に頼るべきかを考えていきます。

自分の空亡を知る

まずはご自身の空亡を知ることから始めて観ましょう。

空亡は全部で6種類あります。

空亡図(簡易版)

子丑空亡、寅卯空亡、辰巳空亡、午未空亡、申酉空亡、戌亥空亡です。

次に紹介する簡易鑑定のページに進み生年月日を入力してください。

画面左上にある「天中殺」に表示される2つの空亡の内上段の空亡があなたの「穴」に相当します。

(一社)日本占道協会が提供する簡易鑑定より命式を作成してください

簡易鑑定はこちらから

生年月日(時間は不要)と性別を入力して「鑑定」をクリック!

「穴」と共に生きる

空亡は様々な使い方があります。

空亡だけで成立する占いもあるほどですので、その奥深さは果てしないのでしょう。

空亡の概要について知りたい方はこちらをどうぞ

<空亡論>穴と共に生きる 空亡、それは誰しもが持つ「穴」の事 「穴」があるから得意不得意があり、運気も乱れる。 そして人はみな不完全と言うことの表れ...

午未空亡の「穴」:子ども・目下の存在

午未空亡のご縁に空く「穴」は『子ども・目下の存在』です。

子どもが授かりにくい訳ではなく子どもと疎遠になりやすい傾向があります。同様に学校の後輩や会社の部下など目下の存在との縁が不安定になります。

10代20代の若い頃は周囲に年上が多く部下や後輩と呼べる存在は比較的少ない環境かと思います。

しかし年を重ねるごとに年上や上司は減り、部下や後輩が増えていきますので晩年で苦労すると言われています。

鑑定師 しょうへい

晩年に苦労するということが分かっているのなら、今から運勢に合った関係性の構築を心掛けて生きましょう。

子ども・目下の存在との縁が欠けるとは

子どもが早くに家を出たり、後輩や部下が育たない信頼してもらえないなどが考えられます。

ライフステージや環境によって子どもや目下の存在との付き合い方が変化しますので、状況をしっかり認識したうえで「穴」の影響を考える必要があります。

子どもとの縁の欠け方

一般的には自分の子どもが高校や大学進学と同時に家を出るなどが考えられます。

子どもと仲が悪くなる傾向があるわけではないので安心していただきたいのですが、どんな関係性であれ子どもの自立が早いと覚悟しておきましょう。

また自分の老後の世話を子どもに期待することは最初からしないことが賢明な判断です。

子どもが「不在」の状態が午未空亡にとってのあるべき姿になります。そのため子どもの自立を促すことも午未空亡にとって大切な事と言えるでしょう。

目下の存在との縁の欠け方

上下関係のハッキリしている環境であればあるほどその影響力は強くなると言われています。

小学生にとっての学年の違いならまだしも大学やサークルなどの上下関係、会社の部下などになると注意が必要になります。

更に午未空亡自身が若い頃は周囲の後輩や部下が少ないのが現実ですが、年を重ねるごとに目下の存在が増え「穴」の影響も強く実感するかもしれません。

上司の顔色ばかり見て仕事をするのではなく、部下との信頼関係の構築も常に意識していくべきかもしれません。

鑑定師 しょうへい

子どもや部下とのご縁が欠けている状態が午未空亡にとっての“自然体”なのですが、自身が下から尊敬される存在になる必要はあるかもしれません。

欠けたご縁を活かす

「穴」を塞ごうとしてはいけません。これもまたあなたの一部なのです。

さて午未空亡の「穴」の活かし方ですが一番分かりやすい手段が「自立・独立」です。

正確には子離れ、部下に依存しない働き方と解釈してください。

注意すべきは頼ろうと思えば頼れる関係性を維持しつつも、親として先輩・上司として自立している姿を目指していただきたいです。

子丑空亡に必要なご縁:子ども、目下の存在

さて6種類の空亡を円形に並べた時、対極にある空亡が欠けているご縁を求める傾向にあります。

これを「必要なご縁」と解釈し、困った時の相談相手などに選ぶと良いアドバイスがもらえるかもしれません。

困った時の相談相手

午未空亡の場合、対極にある空亡は子丑空亡です。

そして子丑空亡が欠けているのは「父、目上の存在」になりますので、午未空亡には父親や上司などの目上の存在が必要と解釈します。

その為か午未空亡は父親を強く求めますし、年上との相性も良い傾向にあります。

また凡庸なアドバイスになりますが午未空亡は年上(目上の存在)を大切にするべきでしょう。

若い頃は上からの引き合いがあり上司に可愛がられたり昇格も比較的早い傾向があります。

繰り返しになりますが、上司の顔色ばかり見て仕事をしていると部下が付いてこなくなりますので程度が必要と言えるでしょう。

鑑定師 しょうへい

私の午未空亡のクライアントは父親の会社で働いているものの、父親との関係がよろしくないとか。関係を修復し父を頼れるようになると運気は一気に改善されるはずです。

まとめ

午未空亡の人は「子ども・目下の存在」とのご縁が欠けている、またはご縁が薄い傾向にあります。

「穴」の影響の現れ方にはライフステージによって大きく異なりますが、子どもや目下の存在に何か特別なことを期待しない方がいいでしょう。

午未空亡の「穴」の活かし方として早くから子どもに自立してもらい自分が子離れしたり、部下や後輩に依存しない働き方を意識していきましょう。

とは言え縁を切るわけではありませんので良好な関係構築に努めましょう。

また父親や目上の存在に助けられることが多いかと思いますが、上のご機嫌取りをする様な働き方・生き方は避けるようにしましょう。

四柱推命を学ぶなら

空亡とは運気の「穴」を指します。運気の「穴」とは天中殺と呼ばれ人生の精算期を象徴します。この講座を通して天中殺を正しく認識し、運気の春夏秋冬を習得していただきます。

広告