十干十二支

試練多き辛を探る!辛に必要な開運方法と共に一挙解説!!

辛(かのと)は「自分」を象徴する十干の1つで宝石の人です。また他の十干と比べて苦労が多い人生となります。

今日はそんな辛の生き方を解説します。

四柱推命鑑定師 しょうへい

占い師の母を持ち幼少期から占いを学び自分の運勢を鑑定してきた。現在は埼玉県川越市を中心に鑑定師とをしながらスクールの運営を行っている。

プロフィールはこちら
四柱推命のスクールはこちら

スポンサーリンク

辛に試練が多い理由とは?

辛は宝石の人です。ダイヤモンドやルビー、サファイヤなどお好きな宝石を想像してください。

キラキラ輝いていますか?

辛の人は輝く宝石の様に派手な生活を好み見栄っ張り!その分、センスが良く美容やファッションなどの花形の業界に身を置くと良いとされています。

ただ宝石は最初から輝いていたわけではありません。原石の状態で発掘され研磨されはじめて宝石の成りになるのです。

人に例えるなら辛の人はみな一様に最初は石ころなのかもしれません。試練や苦労と言う名の「研磨」を経て宝石になることができるのです。

鑑定師 しょうへい

辛にとって試練が多いのは一種の宿命なのです。辛が輝くためにはまずその宿命を受け入れることから始まるのかもしれません。

試練があるから宝石になれる

原石にとって研磨は輝くために必要なプロセスです。またこのプロセス抜きにして原石は輝くことは出来ません。

即ち辛にとって試練とはより魅力的な人間になるために、より飛躍する為に必要な出来事なのです。

もし辛が訪れる試練を避けて生きたならば、原石のまま石ころのまま一生を過ごすことになるかもしれません

もちろんそれも1つの生き方ではありますが、私の四柱推命のテーマである「自分」を最大限に発揮することを考えた時辛には1つ1つの試練と向き合い乗り越えてより輝く宝石になって頂きたいものです。

大小様々な試練を乗り越えた先にあなた本来の魅力が見つかるはずです!

鑑定師 しょうへい

辛は試練が多いせいか私の鑑定相談のクライアントの中でも群を抜いて多い気がします。逆に丙(ひのえ、太陽)は楽観的なせいか非常に少ない!

あなたは石ころ?それとも宝石?

もしあなた自身が辛ならば1つ考えていただきたいことがあります。

それはあなたが今現在・・・

石ころなのか宝石なのか

です。

石ころというとキツイ言い方になりますが、要は既に宝石に成れているか原石のままなのかということです。

辛の中にはまだ原石なのに宝石の様に振舞って空回りしている人、宝石を目指しているのに原石の自分にギャップを感じコンプレックスを抱える人を度々見かけます。

まだ原石の状態ならばそんな自分を受け入れ、等身大の自分を知ることもまた必要なことなのです。

鑑定師 しょうへい

過去に自分の理想(宝石)と今の自分(原石)のギャップから強い不満を抱え、その不満が奥様へ向かったケースがありました。

どんな十干にも言えることですが「今の自分」をしっかり知ること、受け入れることは四柱推命において大切なことなのです。

↑四柱推命じゃなくてもそうですよね!

辛の試練を見てみる

私が過去に鑑定した辛の試練(相談内容)を列挙してみたいと思います。ここに列挙するものは他の十干にも当てはまることなので辛だけのお悩みではありません。

それでも、辛にとって今後の過ごし方の参考になればと思います。

恐怖心を煽る目的はありませんし、この試練を全て堪える必要もないと考えます。全ては「輝くための研磨だ!」と受け止めること、そして現状の解決や打破に気持ちを切り替えていただくことを私は求めます。

鑑定師 しょうへい

辛は人一倍苦労が多い人です。その分、人の痛みや苦しみを理解できる、共感できる優しい人が多いのも特徴です。続いて辛におススメの開運方法をご紹介します!

辛がすべき開運方法

さて、試練の多い辛ではありますが試練を待つだけの人生ではもったいない!試練を乗り越えられるだけの強い「自分」を作る必要があります!

ここでは3つの開運方法をご紹介します。

  • 社会貢献
  • 丙と組む
  • 人生のテーマを意識する

開運その1 「社会貢献」

社会貢献はどの十干も、どの運気の時期でも非常に効果的な開運手段となりますが、辛にとっては特段必要な行為と言われています。

とは言え、適当に募金するだけではよろしくありません。大切なことはあなたの身近な社会に貢献することです。

家族や仕事仲間への気配り心配りや地域のゴミ拾いなどから始めて見てはいかがでしょうか?

きっとすぐに変化は訪れないでしょう。それでも知らず知らずのうちに余計なトラブルから身を守ることはできるかもしれません。

開運その2 「丙と組む」

丙(ひのえ)は辛と同じく「自分」を象徴する十干の1つで太陽を表します。辛と丙は「干合」と言って特殊な関係にあるのです。

男女ならば理屈抜きで恋に落ちる、仕事ならビジネスが飛躍するなどと言われるほど良い相性なのです。

そんな心強い味方と一緒に過ごすことで開運し強い「自分」作りを目指します。

開運その3 「人生のテーマ」

私の四柱推命には「自分」を強くするために日々意識すべき人生のテーマが存在します。

辛が1つ1つの試練を乗り越えられるだけの力と器を得るために人生のテーマは欠かせないことでしょう。

次にご紹介する記事で人生のテーマを解説しておりますのでご一読ください!

<人生のテーマを知る>まずはこれから始めよう!十二支を使った開運の一歩目とは 開運と言ってもその手段は様々・・・何から始めればいいか迷っているなら人生のテーマを選ぼう! 「自分」を支えるエネルギーを理解して...
鑑定師 しょうへい

辛にとって大切なことは「試練を避けること」ではなく「試練を乗り越えること」です。そして乗り越えられるだけの強い自分を作るために四柱推命を使っていただけると良いのではないでしょうか?

まとめ

辛だからと言って試練を怖がるようなことはしてほしくありません。辛だからこそ、誰しもが宝石の様に輝けるチャンスがあるとプラスに考えてください!

試練多き辛の特徴と開運
  • 宝石を象徴する辛にとって試練とは人生における研磨である
  • 試練を乗り越えるごとにより輝けると考えるべし
  • 等身大の自分を受け入れることから始めよう
  • 辛におススメの開運は「社会貢献」、「丙と組む」、「人生のテーマを意識する」
  • 試練を避けるのではなく、乗り越えられる「自分」を作ろう!
ワンランク上の四柱推命を目指すなら!




広告